肉割れ線や妊娠線を消す方法!自宅で始める3ヶ月の簡単ケア

肉割れ・妊娠線・ストレッチマークは同じ症状

肉割れを解説する医者

 

誤解をされることがあるのが、肉割れや妊娠線やストレッチマークの3つです。

 

この3種類の肌トラブルは全て同じ症状のことを言い、原因についても消す方法についても変わりはありません。
これらの症状は一度できてしまうと治すことはできません。

 

だた治療方法はなくても、薄くなり目立たなくなってきます。
肉眼では完全に消えたとしても、治っている訳ではないのですね。

 

ただ、からだに害のある症状ではないので、大事なのは治すではなく、消すではないかと思います。

 

肉割れや妊娠線を消すなら最低でも3ヶ月のケアをする

 

肉割れ線や妊娠線の消す方法としてはいくつかの方法がありますが、即効性はどれもありません。
大事なのは肌のターンオーバーや整えることなので、最低でも3か月程度はケアをし続ける必要があります。

 

もちろん、症状や生活習慣の部分での肌の働きなどで、どれだけ目立たなくなるかは人によって変わってきます。
そのため、1年以上の長い間、ケアをし続けているって人もいます。

 

このサイトでは自宅で簡単に出来る、ターンオーバーの周期となる3ヶ月のケアについて解説をしていきます。
もしも、満足が行くほどにいかなければ後は同じことを繰り返すかあきらめるかのどちらかしかありません。

 

自宅で簡単に肉割れや妊娠線を消す方法

肉割れのクリーム

 

肉割れや妊娠線は治らない症状なので、薬局やドラッグストアで薬は市販されてません。
そのため、多くの人は自宅で簡単にできる理由からクリームを使っていきます。

 

肉割れクリームや妊娠線クリームと呼ばれますが、この中でもアフターケア用のを使っていきます。

 

特に妊娠線がそうなのですが、妊娠をすると肌に弾力を与える為に、クリームを使ってケアをしていきます。
そのため、予防したい人向けに特に保湿を重点に考えて、成分が配合されてるクリームも販売されています。

 

このサイトを見ているあなたの目的は以前の私と同じように消すことです。
そのため、すでに出来た人向けのアフターケア用のクリームを使ってケアをしていきましょう。

 

肉割れクリームは口コミや評判を参考に選ぶけど注意が必要

肉割れクリームを実際に使って比較!太った肉割れ線を消すならコレ

妊娠線の人だと良いのですが、肉割れの人で失敗をしやすいのがクリームの選び方です。

 

人気があり口コミで評判が良いからとよく調べずに使って失敗をすることがあります。
肉割れはできた人もいれば、予防したい人もクリームを使ってケアをします。

 

そのため、消す目的の人用や予防したい人用など、2種類のクリームがあります。

 

しかし、肉割れや妊娠線を消したいのに予防したい人向けのを使っている人も多いです。
その逆の事柄に関しても同様のことが言えます。

 

口コミ効果があったと評判が良くても、その使った人はできた人だったのか、予防をしたかった人なのかを確認する必要があるのですね。
成功や効果があっただけでは参考になりません。

 

どんな肉割れクリームを使うかやどんな目的の人向けなのかは『肉割れクリームを実際に使って比較!太った肉割れ線を消すならコレ』のような、きちんとその点を分けて紹介がされており、使った本人の口コミが掲載されているのを参考にするのがおすすめです。

 

なぜ3ヶ月は肉割れクリームでケアが必要なのかの理由

 

肉割れや妊娠線を消したいのであれば、3ヶ月は継続をした方が良いです。
理由としてはターンオーバーの周期が関係しています。

 

肌を構成している表皮の細胞は1ヶ月から3ヶ月かけて新しく作られ、古い細胞を角質として外に排出をしています。
この周期は生活習慣や年齢など肌が健康な状態が保てているかにもよって変わってきます。

 

肉割れを消す為に必要となるのは、真皮とは別の表皮など、ガタガタになってしまっている肌を整えていくことです。
そのため、最低でもターンオーバーの周期となる3ヶ月の期間はケアを継続した方が良いのですね。

 

どんな肌トラブルでもそうですが、ターンオーバーの周期がかかわるのは最低でも3ヶ月を目安にすると良いです。
日焼けしても肌が元の色に戻るのはこの周期によって、新しい皮膚が作られているからでもあります。

 

セルライトと違い肉割れや妊娠線にマッサージはそこまで有効ではない

 

肉割れや妊娠線はクリームを使う時はマッサージを行う方が良いと言われています。
理由としては新陳代謝を促進させる効果が期待できるからです。

 

しかし、そこまで気にする必要はないかと思います。
私も行っていないですが、マッサージだけを継続していれば、肌が良くなるなんて効果は期待できないと思います。

 

セルライトのように原因が老廃物であるなら有効な方法でもあるのですが、肉割れや妊娠線にはあくまでやらないよりは程度に考えておきましょう。

 

大事なのはきちんとクリームを使うことであり、面倒であれば塗るだけで、数分かけてマッサージをするのは省くのは気にしすぎる必要はありません。

 

肉割れや妊娠線の原因

 

肉割れや妊娠線ができる根本となる原因は皮膚が裂けて切れてしまうことです。
それも表面の表皮ではなく、内側にある真皮などが切れるのが原因となるので、やっかいな肌トラブルとなっています。

 

妊娠によるお腹の中の赤ちゃんの成長や脂肪や筋肉の増加による体系の変化によって、皮膚はパンパンに張った状態となります。
それが左右に引っ張られてしまい、いつしか切れてしまうことが原因となります。

 

妊娠線は妊娠をしたのが理由となっておきた時に呼ばれます。
肉割れは太ったり筋トレで脂肪や筋肉が増加をして出来た時に呼ばれます。

 

この2つは呼び方は異なりますが、原因は内側の皮膚が切れてしまうことで共通をしており、消す方法についても同じです。
ストレッチマークは海外での呼び方となっています。

 

肉割れや妊娠線は治らない

 

肉割れや妊娠線が治らないと言われる理由は内側の皮膚が切れているからです。

 

肌の表面にある表皮と呼ばれる細胞は常に新しく作られています。
一方で内側の皮膚にある真皮は新しく作られることはありません。

 

肉割れや妊娠線はこの真皮が切れてしまっているので、引っ付いたりすることもなく、治らない症状でもあるのですね。

 

では治らないのになぜ多くの人が自宅でクリームを使ったり、美容皮膚科でレーザーや炭酸ガスで消す方法を試しているのでしょうか?
それは肌を構成しているのは真皮だけではなく、表皮やその他の角質層にある細胞などです。

 

そのため、治すことはできませんが肌を整えて、肉眼からは目立たなくする為にケアをしているのですね。

 

そして、肉割れや妊娠線ができた人も治したいのではなく、消したいからです。